愛犬が椎間板ヘルニアにならないために予防

ブリーダーから購入しよう

良い子犬を迎えられる

ポメラニアン

ポメラニアンを購入したい人はペットショップで購入するよりもブリーダーから直接購入することをおすすめします。
それは多くのメリットがあるからです。
まずその1つとして「良い子」と出会うことができることが挙げられます。
ブリーダーによって育てられた子犬は小さい頃からしつけを受けているので、とても飼い主に忠実です。
しつけを覚えるのが早いですし、性格も良いです。
また、ブリーダーはあらかじめ遺伝的疾患がないかチェックした上で販売してくれるので、健康的にも問題がありません。
大人になってから遺伝的疾患を患うこともほとんどありません。
心身ともに優れた子犬を購入することができます。
さらに、優秀な血統のポメラニアンを買うことができるのもメリットです。
良血のポメラニアンは容姿端麗です。
そのポメラニアンから子供ができたときには、その血を伝えることもできます。
ブリーダーを探すのは大変なことではないかと懸念されがちですが、ポメラニアンのように日本で高い人気の犬種は、たくさんのブリーダーが育てています。
そのため、比較的探しやすいです。
ブリーダーを探すときに注意することは特定の犬種のみを扱っているかをチェックすることです。
犬種が違えばその性格や育て方は非常に異なります。
優秀なブリーダーであればあるほど、その難しさを知っているので、特定の犬種しか育てていません。
ポメラニアンを専門的に扱っているブリーダーから購入しましょう。

しつければ従順な家庭犬に

複数の犬

ジャックラッセルテリアは、19世紀の初めごろに作出された犬種です。
敏捷性に優れていることから、ドッグスポーツ界では特に人気があります。
ジャックラッセルテリアはテリア系の小型犬で、大きな目と垂れ耳に独特の愛嬌があります。
体高は25〜30cmほどで、体重は体高5cmにつき1kgというのが標準となります。
毛色はホワイトを基調として、タンやブラックがパッチワークのように表れるのが特徴となっています。
一般に、ジャックラッセルテリアは初心者には飼うのが難しいと言われています。
これは、もともとハンター犬として作出されたせいで気性の荒い面があるのが原因です。
ただ、忠誠心も非常に強いため、しっかりトレーニングすれば立派な家庭犬になります。
他の犬種にも言えることですが、ジャックラッセルテリアを飼う際にまず重要なのは、主従のけじめをしっかりつけさせることです。
飼い主がボスであることを覚えさせ、やっていいことと悪いことの区別を明確に教え込んであげれば、飲み込みの早い犬種なので従順に育ちます。
ただ、ジャックラッセルテリアは非常に探究心が旺盛なので、他の動物などを見かけると時には制止を振り切って外に飛び出してしまったりすることがあります。
そうした時のために、呼び戻しのトレーニングをしっかりやっておく必要があります。
室内・屋外のどちらでも飼えますが、飼い主とのコミュニケーションを重視するなら室内飼育の方が望ましいとされています。
運動量が豊富なので、どちらで飼うにしても自由に遊びまわれるスペースを確保してあげるのが大切です。

愛嬌のある姿態が魅力

男性と犬

パグは、表情豊かな顔立ちとがっちりとした体形が人目を引く犬です。
このような個性豊かなパグにはファンが多く、日本のペット市場でも好調な売れ行きを見せています。
毛色に数タイプのバリエーションがあり、それぞれの毛色によって独特の雰囲気が出ます。
顔の部分には特に個体差が現れやすく、喜怒哀楽の変化がよく分かります。
フレンドリーな性格は、パグの長所の1つに挙げられます。
少し強情な所がありますので、飼い主は上手にしつけをすることが大切です。
穏やかな性格のパグは、子供や他のペットとも仲良く出来ることが多く、家庭のペットとしての良い条件を備えます。
体の大きさもほぼ小型犬のレベルであり、大型犬のような長時間の散歩も不要です。
小型犬は概して寿命が長いのが特徴で、パグも健康状態に大きな問題がなければ、平均寿命である12年から15年は十分に生きられます。
ですので、家族と長い時間一緒に過ごすことが出来る犬種とも言えます。
高齢になると、関節などにダメージが生じる可能性が出てくるため、歩き方などに気を配るのが飼い主の務めとなってきます。
購入時には、健康状態が良い仔犬を選ぶように心がけます。
犬の瞳には顕著に健康状態が表れてくることから、パグの場合も目の周りなどをじっくりと観察しておきます。
活発な動きも、健康な犬がよく見せる行動です。
犬舎を訪れる機会があれば、好奇心を持って歩きまわるような仔犬を選ぶと、パグならではの性格が楽しめます。