愛犬が椎間板ヘルニアにならないために予防

肥満は大敵

食事と運動の管理を徹底

ドッグ

椎間板ヘルニアは、脊椎にある椎間板がダメージを受けることで起こります。
椎間板を支えているクッションが激しい運動や肥満などで損傷し、椎間板を支えきれなくなってしまうのです。
犬にもこの症状は多く見られ、特にダックス系・プードル・パグなどの犬種は椎間板ヘルニアを発症しやすいと言われています。
一般の犬種も、加齢と共に発症する確率は高くなりますが、先ほど挙げた犬種では、まだ若いうちから椎間板ヘルニアを発症する可能性もあり注意が必要です。
一番の予防法は肥満を防ぐことです。
小さくて少し丸っとしている犬は確かに見た目は可愛くなりますが、健康とは言えません。
犬と少しでも長く生活するためには、飼い主である人が食事の管理をしてあげることが必要なのです。
人と違い話すことが出来ないために、過剰な食事制限はストレスを溜め込み、噛んだり吠えたりすることにもつながります。
まずは現在の体重と照らし合わせて、それに見合った食事量を徹底することです。
欲しがるからとおやつなどを一日に何度も与えていては、すぐに必要な摂取量をオーバーしてしまいます。
回数を増やしたければ、一度に与える量を減らしてみたり、ダイエットフードに変えてみたりする工夫をしましょう。
また、椎間板ヘルニアの予防に運動は欠かせません。
激しい運動は逆に発症につながる可能性があるので、足腰に負担の少ない場所で散歩をさせてあげるといいでしょう。
家の中でも階段の上り下りは避け、滑りやすいフローリングにはカーペットを敷いてあげると効果的です。
大切なペットを守るためにも、飼い主がきちんと管理してあげましょう。

移動や災害時の便利グッズ

首輪

ペットを飼っていると、高確率で必要になるペット用品が、ペットキャリーです。
主に、動物病院へ連れて行ったり、車移動をしたりする際に必要となるペット用品です。
これまでの主流は手提げ型や肩掛け型でしたが、最近人気を集めているのが、リュック型のペットキャリーです。
この形のメリットは、極めて持ち運びしやすいことです。
両肩に重量が分散するので負担になりにくく、安定して体に密着しているため動きやすいのです。
さらに、両手が自由に使えるのも大きな利点です。
中には、さらに胸やウエストに固定ベルトが追加された製品もあり、アウトドアや自転車移動も可能です。
製品の大きさにもよりますが、中型犬くらいまでなら問題なく持ち運びできます。
そのため、どこでもペットと一緒に移動したい、という飼い主にとっては非常に便利なペット用品なのです。
また、背中だけでなく前側に回せるものもあり、ペット用品というよりはベビー用品にも見えるユニークさも、人気の理由の一つです。
そして、ペットの側にとっても、リュック型は安心です。
他の形と違って振り回されることもなく、飼い主の顔との距離も近いからです。
そして、これらのメリットは、災害時にも有効です。
近年相次ぐ災害で、ペットの避難を真剣に考える飼い主も増えました。
そのいざという時、この形のキャリーなら、ペットを抱えながら人間の機動力も確保できます。
その実用性と「ありそうでなかった」目新しさが、リュック型キャリーが注目されている理由と言えます。

免疫力の低下が原因

獣医と動物

人間は、年をとるにつれて免疫力が低下し、癌を発症しやすくなります。
それと同じように犬の癌の発症率も、加齢に伴って高くなっていくのです。
治療方法も基本的には人間と同じで、手術や抗癌剤投与、放射線照射などによって行われます。
しかし進行の度合いによっては、効果が出にくかったり、そもそも治療が不可能だったりします。
その場合は犬はどんどん衰弱していきますし、やがては死に至ることになります。
そのため発症後に病院に連れて行くよりも、予防に力を入れた方が、犬が長生きできる可能性は高くなると言えます。
具体的には犬の癌は、免疫力を高めることで予防しやすくなります。
免疫力は、加齢だけでなく食生活の乱れやストレス、運動不足や睡眠不足によっても低下していきます。
したがって予防のためには、栄養バランスのとれた食事を与えたり、放置や過度なしつけでストレスを与えないように気をつけたり、十分に運動させたり休ませたりすることが肝心です。
特に食事は重要で、できるだけ添加物が含まれていないものや、良質な原料を使って作られたものを与える必要があります。
また、犬の前では喫煙を控えたり、癌を引き起こす可能性があるウイルスを持つ動物との接触を避けたりすることも大事です。
ただし十分に注意していても、発症を確実に予防できるわけではありません。
そのため発症した場合の早期発見のために、日頃から犬の食欲や肌の状態、排泄物などをしっかりとチェックしておくことも必要です。

ペット葬儀なび

全国各地どこでも対応してくれますよ。ペット供養をしてくれる葬儀会社選びで迷っているなら、コチラを利用してみましょう。

生活環境を考える

獣医と動物

ペットは皮膚病にかかることがあります。抜け毛がひどかったり、皮膚がただれてきたりしたら皮膚病を疑ってみましょう。すぐに動物病院を受診することをお勧めします。また、日頃から生活環境や食事など、気をつけるようにしましょう。

もっと読む

温厚さと特徴ある顔つき

ウーマン

パグは温厚さと人懐っこさで人気の犬種です。値段の相場は10万円から30万円と幅があります。値段の違いは、性別や性格、見た目、血統書付きかどうかによります。メスの方が値段が高く、血統書付きの仔犬も価格は高くなります。

もっと読む

ブリーダーから購入しよう

ポメラニアン

ポメラニアンを購入するときにはブリーダーから直接購入しましょう。健康的で性格の優れた子犬と出会うことができます。また、優秀な血統を持った子を迎えることができます。ただし、ポメラニアンを専門的に扱っているブリーダーから購入することです。

もっと読む